FC2ブログ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕が選んだ今を生きたい それだけ。。。

ブログに書くつもりなかったんだけど終わって安心したら全部吐き出したくなったので書いてきます。
普段以上に自分語りなのでそゆのが嫌な方はバック推奨。。。



昨日から1週間ほど検査入院することになり本日が一番大きな検査がある日でした。
それにむけて昨日は心エコー、心電図、レントゲン、採血と盛り沢山。
1リットルも血抜いて麻雀とか絶対無理。20mlで貧血ヤバスorz


んで今日はカテーテルっていう検査をしました。

どんな検査かって大雑把に言うと、
 検査でいちいち胸開いてたらキリないよな?
→そーいや心臓って血管っていう侵入経路あるじゃん
→大動脈、大静脈って太いよな?
→よしっ そっから棒突っ込んで心臓まで行こうぜ
→そしたら切り刻まなくてすむじゃん ヤッタネ☆


ってな感じ((

足の付け根が一番大動脈、大静脈が露出してるんでそっから管つっこむのです。
そして心臓まで行って行き道、心臓とかいろんな箇所で色々と血液の数値チェック。
しかも心室にまで侵入、あげくは心筋を採取するとか言う暴挙に出て帰還。



これ考えた人、どんな頭してるんだよ((



そしてなによりオカシイのが、患者が寝てないってこと。。。


局所麻酔こそするものの起きてた方が、どこが痛いとか撮影するから息止めてーとかやめろ怖い死ぬとか患者の様子わかったり検査しやすいって理由だそうです。。。




実は久遠、この検査は2回目なのでそんなに不安じゃなかったのです。
まぁ前は子供の頃だったから術中眠らされてたんだけど。




けど昨日、改めて先生から詳しい内容聞くともうガクブル((


検査後は感染症などの危険があり、また可能性は低いですが脳梗塞、心室欠損、etc、を引き起こす可能性があります。
また非常にまれですが命を落とされる方もおられます。



この同意書に署名するのか……。
いや、わかってるよ?
様々なケースについて説明しとかないと万が一の時、裁判ざたとかで病院が困るんだろ?
だから、数万分の一のことを取り出して説明してるだけだって。。。

けどその数万分の一が自分に当たる可能性はゼロじゃないわけで。。。


けど今更サインしないなんて言う選択肢ないっしょ。

とサイン。けどやっぱし怖いもんは怖い


って状況で昨日を過ごした。
そんな時にあんな記事書いてたのは自分でもどうかと思う((





んで今日。。。


朝は点滴。どんなおっきな敵が控えててもやっぱし小さな敵も怖い;;
てか点滴でこんなんじゃorz




ほむほむの能力手に入れて何回でも逃げたいなーとか考えてたらいよいよな時間に……。



……よし、肚括るかっ




手術室まではベッドで移動。VIP対応((
到着。ドラマとかで思ってたのより数倍広い。


思ってたのより2倍多い。
9……いや10人はいるじゃん。



さすがにシラフは有り得ないんで睡眠導入剤服用。
うん、これ飲んだことあるやつだ。
俺、相性悪いのかこれ効かなかったから違うのにかえたのに。



ベッドから手術台的なのに移って準備。

よくドラマで見るピコーンピコーンって脈拍図るやつ装備。
わたしには そうびできないみたいだ


よくドラマで見る必要な箇所だけ穴空いてる青いシート。
実は透明なビニールのシートとの二重構造で通気性ゼロ。蒸し風呂。
マジで術中に一番口にした言葉は、「また汗拭いてください……」。


いざ開始。麻酔。安定剤。ぷしゅーっ

見えないけど太もも辺りにお湯がかかった感じ。。。
ま、まぁこれが何かは言及しない((





痛くは無かった。
ただ純粋に怖かった。。。


多分心室に入ったときとか負荷が上がったときに、一気に脈拍アップ。そして10秒で元通り。
これの繰り返し。

この間はもちろん脈拍に見合った気持ち悪さ。
知らんけど全力疾走した後の感じかな。。。



麻酔切れかかったのか局部が痛くなること数回。
ぎぶみーますいっ



とかそんな感じで進んでいったんだけど、途中から怖いと暑いが逆転((



暑いと言えば汗拭いてくれて、あまりの量に見かねて途中から濡れタオル化。
ホント生き返った( ̄∀ ̄)


また喉渇いたと言えば氷持ってきてくれてバリボリ((
できれば砂糖水凍らせといて欲しかったなー




と、いつの間にやら恐怖って感情はどっか行ってた。
むしろ俯瞰で楽しんでた。



先生との受け答えも今考えたらめっちゃふてぶてしい;;
いつの間にやら返答に「はーい」とか適当になってきてたし
「せんせー 動悸ヤバイんだけど、これ想定内のやつ?」
なんて言葉が飛び交っていた。
飛び交うっても一方通行で((


まぁ話掛けたらやりにくいだろうから基本は考え事。
おなかすいたなーとか、今くしゃみしたら死ぬんかなーとか。。。




んで終了。
管引っこ抜く。ぷしゅー


止血。ふっとい血管切ってるわけだから。
全体重かけるように押さえられること、多分10分ほど。
現在もくそ重たいののせられ絶対安静中。邪魔。。。



無事完了。乗ってきたヘッドに移されて運ばれてく。まじVIP。




結局かかった時間は4時間ほどでした。

何事もなく2、3日中に何もなければ感染症も大丈夫だそうな。

めでたしめでたし。

スポンサーサイト

コメント

お湯wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwお湯wwwwwwwwwwww
あったかいお湯wwwwwwwwwwwwwwwwwwww
大変でしたね・・・
私なら耐えられそうにありません。

VIPwwww

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

久遠

Author:久遠
学生生活に未練たらたらの新社会人。

右も左もわからない若輩者ですが働きたくないという気持ちだけは誰にも負けません。

カウンター
カレンダー(月別)
10 ≪│2018/11│≫ 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク

ブログランキング

このブログをリンクに追加する
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。